MENU

効果が現れるまで時間が必要なホーム・ホワイトニング法

ホーム・ホワイトニングは熱しにくく冷めにくいという側面を持っています。ぬるい風呂は身体が温まるのに時間が掛かりますが、それから長い間身体がホカホカです。これってホーム・ホワイトニングと同じ様な性質があると言えます。

 

低い濃度の薬剤がじっくり深々と染み渡るのに、白くさせることができる限界点がオフィス・ホワイトニングを超えるくらいのことだって稀じゃありません。

 

意欲があって熱心にしたいと思うとしたらお望み通りの白さを手にすることだってできます。白さだって長持ちするわけですし、奥歯であろうともホワイトニング可能です。

 

しかし、人によってはマウストレー装着時に違和感を感じる場合もあります。これも時間の問題で、慣れてしまえばたいしたことはありません。

 

効果が目立って出てくるのは、だいたい1週間くらいしたらとされていますが、その効果が見られるのに時間が必要なことこそが、受け入れられづらい障害となっているのだそうです。

 

さらに、2週間の間、1日2時間くらいの時間を作り出すのに相当の覚悟が求められ、疲れ切った日なんかは、マウストレーを口内に入れようというふうには気軽には考えないというのが現実なのだそうです。こういった事例が、より一層ホーム・ホワイトニングを人気がないものにしているみたいです。

このページの先頭へ